ネパール向け無償資金贈與契約の締結:自然災害対策のためのデータ整備支援により、災害に強い國づくりに貢獻

【SDGsロゴ】産業と技術革新の基盤をつくろう

【SDGsロゴ】1住み続けられるまちづくりを

2020年5月25日

國際協力機構(JICA)は、5月25日、カトマンズにて、ネパール連邦民主共和國政府との間で、「數値標高モデル及びオルソ畫像整備計畫」を対象とし11億7,000萬円を限度とする無償資金協力の贈與契約(Grant Agreement: G/A)を締結しました。

本案件は、洪水被害が深刻な同國の標高の低い南部平野地域において、高精度の數値標高モデル(注1)及びオルソ畫像(注2)を整備するものです。これにより、洪水ハザードマップ等の將來的な整備に繋げ、自然災害被害の軽減を目指すものです。また、本案件により、災害に強い國づくりが一層促進されることが期待され、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール9、11にも貢獻します。

(注1) 地表面を等間隔の正方形に區切り、それぞれの正方形に中心點の標高値をもたせたもの。
(注2) 空中寫真に寫っている地物を真上から見たような傾きのない正しい大きさと位置に修正した寫真。

案件の詳細は以下の通りです。

【案件基礎情報】
國名 ネパール連邦民主共和國
案件名 數値標高モデル及びオルソ畫像整備計畫(The Project for the Development of Digital Elevation Model and Orthophoto)
実施予定期間 24ヵ月(詳細設計?入札期間含む)
実施機関 國土管理?協同組合省測量局
対象地域?施設 タライ地域の東部
具體的事業內容(予定) ① 施設整備/機材調達
數値標高モデル一式(対象面積: 約15,000km2,1mメッシュ)、オルソ畫像、データ閲覧用コンピューター、空撮用ドローン、ソフトウェア等
② コンサルティング?サービス
詳細設計、入札補助、調達監理、(ソフトコンポーネントとして數値標高モデル維持管理能力の定著、數値標高モデル利用體制の強化等)

関連ファイル:
亚洲精品国产免费无码