インド「低所得者向け住宅普及支援事業」に対する融資契約の調印(海外投融資):低所得者の住宅ローンアクセスを改善

【SDGsロゴ】貧困をなくそう

【SDGsロゴ】ジェンダー平等を実現しよう

【SDGsロゴ】働きがいも経済成長も

2020年4月6日

國際協力機構(JICA)は、4月3日、インド國営銀行Panjab National Bank傘下の住宅金融會社であるPNB Housing Finance Limited(PNB Housing)との間で、低所得者向け住宅ローン貸付資金として、7,500萬ドルの融資契約に調印しました。本融資は、「アジア諸國向け金融包摂促進ファシリティ」(2020年3月27日発表)のもとで、Citibankとの協調融資により実施されます。

インドでは住宅不足が深刻であり、現在2億7,500萬人(全人口の約22%)が良質な住宅を取得できず、不足する住宅のうち90%が低所得者用住宅です。インドでは都市化が急速に進んでおり、都市化率は2030年までに約40%になると推定されることから、都市部の低所得者向け住宅の拡充が課題となっています。

PNB Housingは、1988年の設立以降、迅速かつ強固な審査體制、ITプラットフォーム、インド全國に展開する105の支店網を強みとして、高い成長率と低い不良債権比率を同時に達成しています。また、顧客第一主義を掲げ、顧客に寄り添った金融サービスを提供し、低所得者向け住宅ローンも拡充しています。

インド政府は全國民に住宅を供給する目標「Housing for all」を掲げ、様々な支援策を実施していますが、JICAは、本融資によりインドの低所得者向け住宅ローンを更に拡充し、同國の低所得者の生活向上及び持続的な経済成長を支援します。また、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール1?5?8?11?17に貢獻します。

亚洲精品国产免费无码