日本の経験を自國に活かす:アフリカ13ヵ國から、日本の開発経験や日本への留學生事業の理解促進や関係機関との関係構築のため、政府人材を招へい

2020年2月22日

概要

2020年2月16日から22日にかけて、公務員等の海外留學やJICA留學生事業に攜わる機関や援助窓口機関の局長?課長級の政府人材13名(南アフリカ、ニジェール、モザンビーク、ザンビア、マラウイ、コートジボワール、ナイジェリア、タンザニア、ブルキナファソ、セネガル、南スーダン、コンゴ民主共和國、ルワンダ)を日本に招へいし、日本の開発経験やODA、JICA開発大學院連攜等について理解を深めた上で、各國の留學生事業の活用促進や人選戦略等を検討するプログラムを実施しました。

政策研究大學大學院での講義聴講や、JICA開発大學院連攜にて講義を行った加藤元理事(現國際大學教授)及び萱島理事他との意見交換等を通し、日本の開発?教育経験、ODA、JICAの留學生事業についての理解を深めました。また、在京大使館やJICA國內機関、國擔當との面談を通し、各國での留學事業の活用促進や人選戦略について検討する機會となりました。

背景?目的

背景?経緯

現在JICAは、途上國の未來のリーダーを日本に招き、日本の開発経験などを理解してもらうことで母國の発展に役立ててもらいつつ、知日派?親日派として活躍することで二國間関係の強化を狙いとする、開発大學院連攜を進めています。

この狀況の下、途上國側には、自國の留學生を自國の開発に戦略的に活用していくことが期待されています。この途上國政府による留學生事業の戦略的な活用を促進するためには、自國の人材を海外派遣してその知見を自國の開発に活用した「日本の経験」を途上國政府の政策擔當者に伝えること、また合わせて、日本における留學生受入體制等について理解を深めてもらうことも、今後の留學生事業の拡大を念頭において有益だと考えています。

目的

  1. 日本理解プログラムへの參加により「日本の近代化」に関する理解を深める。
  2. 日本のODA、特にJICAの留學生事業について、開発大學院連攜や日本の大學の受け入れ體制も含めて理解を深める。
  3. 留學生を受け入れている日本の大學?企業関係者及びJICA関係者との関係構築を促進する。

內容

主なプログラム內容は以下のとおりです。

1日目?2日目は政策研究大學院大學(GRIPS)を訪問し、「日本理解プログラム」に參加しました。日本の歴史や開発経験について學んだほか、習字等の日本文化體験も行いました。

3日目には新潟県にある國際大學を訪問し、大學のコース、受け入れ體制やキャンパス?市內の説明、また加藤教授との活発な意見交換(日本の開発経験について)が行われました。

4日目には萱島JICA理事から日本の教育経験及びそこから學ぶべきことについての講義の上、意見交換を行いました。その後、株式會社DIVE INTO CODE、あしなが育英會、東京農業大學を訪問し、アフリカでの事業や研究、各機関の今後のビジョン等について説明頂きました。

5日目には自國の在京大使館を訪問し、留學生事業や日本でのフォロー體制等について意見を行いました。その他、研修員を受け入れるJICA國內機関(JICA東京)を訪問し、ハラル対応などにも配慮された施設などの紹介を受けました。

関連リンク

【畫像】

國際大學に通うABEイニ留學生との交流會

【畫像】

萱島理事との意見交換會

【畫像】

評価會での集合寫真

亚洲精品国产免费无码